Japanese Association for the Study of Developmental Disabilities


HOME
概要
役員
名誉会員
会則
入会方法


機関誌について
発行状況
投稿について
学会通信

年次大会一覧
第54回大会
IASSIDD 2019
世界大会


学会通信



(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))


2019年度 理事・評議員会
日 時: 2019年8月24日(土)12:00〜12:50
場 所: 北星学園大学 第5会議室
出席者: 菅野 敦理事長、安達 潤、五十嵐一徳、石川道子、伊藤 浩、荻野竜也、尾高邦生、樫木暢子、加戸陽子、神尾陽子、菅野和恵、京林由季子、郷間英世、坂本 裕、佐藤克敏、眞城知己、島田博祐、末光 茂、曽根 翠、田実 潔、田中敦士、田中康雄、田中裕一、爲川雄二、堂山亜希、名古屋恒彦、西永 堅、野口和人、橋本創一、三浦巧也、吉利宗久、渡邉貴裕
委 任: 58名
事務局 霜田浩信事務局長、小島事務局員

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会長挨拶(田中康雄 第54回大会長)
II.報告事項
1.機関誌発刊状況等について
1)研究大会発表倫理について
2)優秀論文賞・優秀発表賞規程について
3)英文誌刊行について
4)IASSIDD世界大会英文報告書について
5)「発達障害研究」投稿規程について
2.第53回研究大会ポストセミナーについて
2019年9月7日(土)9:30〜12:00 福山ニューキャッスルホテル
「障がいのある人たちに寄り添った就労支援を考える」
3.第55回研究大会準備状況について
大会実行委員長:小澤 温(筑波大学教授)
期間:2020年12月26日(土)〜27日(日)
場所:つくば国際会議場
4.その他
・第56回研究大会について
 外岡資朗大会実行委員長のもと鹿児島にて実施予定
・IASSIDD国際大会(グラスゴー)の報告と今後のIASSIDD国際大会について(末光 茂理事)
III.協議事項
1.2018年度事業報告(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
2.2018年度会計報告(案)ならびに2018年度監査報告について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
3.2019年度事業計画(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
4.2019年度予算(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
5.名誉会員の推薦について(渡邉・金子委員)
名誉会員推薦委員会より名誉会員に1名の会員が推薦され、協議の結果、承認された。
6.役員の任期について
役員任期に関する規定(役員任期2年、原則2期連続での任務)の説明がなされ、今期の役員が次期任期(2020年4月〜2022年3月)まで再任することが承認された。



2019年度 総会
日 時: 2019年8月24日(土)12:50〜13:30
場 所: 北星学園大学 50周年記念ホール

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会長挨拶(田中康雄 第54回大会長)
II.報告事項
1.機関誌発刊状況等について
1)研究大会発表倫理について
2)優秀論文賞・優秀発表賞規程について
3)英文誌刊行について
4)IASSIDD世界大会英文報告書について
5)「発達障害研究」投稿規程について
2.第53回研究大会ポストセミナーについて
2019年9月7日(土)9:30〜12:00 福山ニューキャッスルホテル
「障がいのある人たちに寄り添った就労支援を考える」
3.第55回研究大会準備状況について
大会実行委員長:小澤 温(筑波大学教授)
期間:2020年12月26日(土)〜27日(日)
場所:つくば国際会議場
4.その他
・第56回研究大会について
 外岡資朗大会実行委員長のもと鹿児島にて実施予定
・IASSIDD国際大会(グラスゴー)の報告と今後のIASSIDD国際大会について(末光 茂理事)
III.協議事項
1.2018年度事業報告(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
2.2018年度会計報告(案)ならびに2018年度監査報告について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
3.2019年度事業計画(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
4.2019年度予算(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
5.名誉会員の推薦について(渡邉・金子委員)
名誉会員推薦委員会より名誉会員に1名の会員が推薦され、協議の結果、承認された。
6.役員の任期について
役員任期に関する規定(役員任期2年、原則2期連続での任務)の説明がなされ、今期の役員が次期任期(2020年4月〜2022年3月)まで再任することが承認された。



2019年度 第54回大会編集委員会
日 時: 2019年8月25日(日)12:10〜13:00
場 所: 北星学園大学 C-503
出席者: 野口和人副編集委員長、神尾陽子、名古屋恒彦、渡邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員、伊藤 浩、大村美保、加戸陽子、上林宏文、京林由季子、郷間英世、霜田浩信、千賀 愛、爲川雄二、橋本創一、吉利宗久 各編集委員、菅野 敦理事長
委 任: 常任編集委員7名、編集委員44名
事務局: 菅野和恵 岡本明博 編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.平成30〜31年編集関係事業報告
平成30〜31年の常任編集委員会開催日程および機関誌「発達障害研究」発刊内容、常任編集委員会事業内容が報告された。
1)研究大会発表倫理について
研究大会発表に関する倫理チェックリスト(案)が報告された。
2)優秀論文賞・優秀発表賞規程について
優秀論文賞規程・優秀発表賞規程の見直しを行ったことが報告された。
3)英文誌刊行について
「発達障害研究」英文誌刊行に向けて、検討し準備を進めていることが報告された。
4)IASSIDD世界大会英文報告書について
IASSIDD世界大会に向けての英文報告書の目的、内容、刊行時期、世界大会で配布されたことが報告された。
5)「発達障害研究」投稿規程について
論文種別を整理し、調査報告なども含めて「資料」論文とする。英文報告書を定期的に作成することを考慮して、「資料」論文についても、英文要旨をつけることが報告された。今後、発刊予定の発達障害研究のなかで会員に広く周知し、次年度から適用する予定であることが確認された。
2.投稿論文数と審査状況について
2018年8月から2019年7月までの投稿論文数48編、審査状況として、掲載12、採択2、査読中16、種別変更6、不採択11、取り下げ1であることが報告された。
3.研究大会優秀論文賞について
発達障害研究第40巻(2018年度発刊)に掲載された投稿論文17篇のうち、中嶋理香氏の『特別支援学校高等部生徒のコミュニケーション行動水準と社会生活経験・進路先の関連』の1編を受賞論文として選出したことが報告された。
II.協議事項
1.機関誌編集について「特集」の企画内容等について確認された。常任編集委員、編集委員から「特集」の企画内容について提案が出され、次回常任編集委員会にて検討することとした。



2019年度 第3回 常任編集委員会
日 時: 2019年9月28日(土)10:30〜12:00
出 席: 小澤 温、泉真由子、神尾陽子、木下大生、小島道生、小林潤一郎、志賀利一、野口和人、若林 功 各常任編集委員
委 任: 石田祥代、大石幸二、大伴 潔、名古屋恒彦、渡邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員
事務局 岡本明博、菅野和恵 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第41巻3号について
第41巻3号の特集「わが国における学校を舞台とする積極的な行動支援(SWPBIS)の現在」について、進捗状況が確認された。
2.第41巻4号について
第41巻4号(54回大会特集号)特集「障害のある人への合理的配慮に基づく支援とは?―連続した支援とするためには―」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規論文7編、採択2編、修正採択1編、修正再審査8編、査読中9編、不採択2編であることが報告された。
II.協議事項
1.1. 採択論文、不採択論文について
採択論文2編、不採択論文2編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が承認された。
2.特集について
1)「一般就労支援の現在:支援の各プロセスにおける実践に焦点を当てて」の企画主旨、内容の確認がなされた。
2)「神経発達障害の医療のこれから(仮)」の企画主旨、内容の確認がなされた。
3.優秀発表賞について
第54回大会の優秀発表賞投票結果について報告され、1篇の授賞発表が承認された。
4.投稿マニュアルの改訂について
投稿マニュアルの改訂について作業をすすめることが確認された。






(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))


2019年度 第1回 理事会
日 時 2019年5月19日(日)15:00〜16:30
場 所 日本発達障害学会事務局
出 席 菅野 敦、宮本信也、小澤 温、大伴 潔、金子 健、神尾陽子、小島道生、小谷裕実、眞城知己、志賀利一、霜田浩信、橋本創一、林 安紀子、渡邉貴裕 各理事
委 任 梅永雄二、奥住秀之、末光 茂 各理事
事務局 小島事務局員

T.報告事項
1.理事長報告(菅野理事長)
2.編集委員会報告(小澤編集委員長)
1) 機関誌発刊状況
2) 研究大会発表倫理について
3) 優秀論文賞、優秀発表賞規定について
4) 英文誌刊行について
5) IASSIDD世界大会英文報告書について
3.倫理委員会報告(宮本・眞城委員)
4.研究推進委員会報告(志賀・小谷委員)
日本発達障害学会若手研究者海外派遣助成
5.第53回研究大会報告(事務局)
6.第54回研究大会準備状況報告(事務局)
7.第53回研究大会ポストセミナーについて(事務局)
8.IASSIDD Friends of the Congress(大伴委員)
9.その他
II.協議事項
1.2018年度事業報告(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
2.2018年度会計報告(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
3.2019年度事業計画(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
4.2019年度予算(案)について
資料に基づき霜田事務局長から説明がなされ、協議の結果、承認された。
5.名誉会員の推薦について(渡邉・金子委員)
名誉会員推薦委員会より名誉会員に1名の会員が推薦され、協議の結果、承認された。
6.「発達障害研究」投稿規定について(小澤編集委員長)
資料に基づき小澤編集委員長から投稿規定の修正について説明がなされ、協議の結果、承認された。
7.第55回研究大会(2020年)開催について(小澤理事)
小澤理事より2020年開催の第55回研究大会の開催時期を東京オリンピック・パラリンピックの開催機関及びその前後を避けて開催することの説明がなされ、協議の結果、承認された。
8.役員の任期について(事務局)
霜田事務局長より役員任期に関する規定(役員任期2年、原則2期連続での任務)の説明がなされ、今期の役員が次期任期(2020年4月〜2022年3月)まで再任することが承認された。
9.入退会者の承認について(事務局)
新入会の正会員60名、学生会員8名、退会申請の正会員48名、学生会員3名、団体会員11、自然退会の正会員120名が了承された。
10.その他
1) 第56回研究大会(2021年)開催について
  菅野理事長より第56回研究大会の候補機関が示され、承認された。
2) 日本学術団体からの原稿依頼について(神尾理事)



2019年度 第2回 常任編集委員会
日 時 2019年6月22日(土)14:00〜16:00
出 席 小澤 温、石田祥代、大伴 潔、小島道生、名古屋恒彦、野口和人、若林 功 各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、神尾陽子、木下大生、小林潤一郎、志賀利一、渡邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員
事務局 岡本明博 編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第41巻2号について
第41巻2号の特集「強度行動障害者支援の到達点と今後の課題―最近の障害福祉サービスと取組みから―」について、進捗状況が確認された。また、第41巻2号への掲載論文が確認された。
2.第41巻3号について
第41巻3号の特集「わが国における学校を舞台とする積極的な行動支援(Schoolwide Positive Behavioral Intervention and Support: SWPBIS)の現在」について、進捗状況が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規論文5編、採択なし、修正再審査9編、論文種別変更1編、査読中6編、不採択2編であることが報告された。
4.投稿規程の改訂について
投稿規程の改訂について、理事会で認められたことが報告された。
5.英文報告書について
IASSIDD 世界大会で配布する英文報告書の進捗状況について報告された。
II.協議事項
1.採択論文、不採択論文について
不採択論文2編の審査状況が小澤編集委員長より報告され、不採択論文が承認された。
2.特集について
第42巻1号の特集案として、「一般就労に向けた支援技法の現在」の企画内容及び執筆者について意見交換が行われた。
3.優秀論文賞について
優秀論文賞の投票集計結果について報告され、承認された。
中嶋理香「特別支援学校高等部生徒のコミュニケーション行動水準と社会生活経験・進路先の関連」(第40巻4号(1))
4.投稿マニュアルの改訂について
投稿マニュアルの改訂に関する提案がなされ、今後改訂作業を進めることが確認された。
5.その他
ポスター発表の学会発表の倫理審査の進捗状況について確認された。






(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))


2019年度 第1回 常任編集委員会
日 時 2019年4月7日(日)10:30〜12:30
出席者 小澤 温、大石幸二、大伴 潔、神尾陽子、小島道生、小林潤一郎、野口和人、渡 邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員
委 任 石田祥代、泉真由子、木下大生、志賀利一、名古屋恒彦、若林 功 各常任編集委 員
事務局 岡本明博、菅野和恵 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第41巻1号について
第41巻1号の特集「インクルージョンにおける後期中等教育のあり方」について、進捗状況及び掲載論文が確認された。
2.第41巻2号について
第41巻2号の特集「強度行動障害者支援の到達点と今後の課題―最近の障害福祉サービスと取組みから―」について、進捗状況及び掲載論文が確認された。
3.IASSIDD世界大会に向けての英文報告書について
IASSIDD世界大会に向けて作成される英文報告書の目的、掲載する内容が確認された。
4.第54回大会学会企画シンポジウムについて
学会企画シンポジウム「地域の発達障害支援における多職種連携シリーズ第3弾:最初の診断を行うことの意味を多職種連携支援の観点から問う」について、企画主旨、話題提案者について報告された。
5.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規論文 12編、採択 1編、修正再審査 7編、論文種別変更 1編、査読中 8編、不採択 5編、取り下げ 1編であることが報告された。
II.協議事項
1.採択論文、不採択論文について
採択論文 1編、不採択論文 5編の審査状況が小澤編集委員長より報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第41巻3号の特集「わが国における学校を舞台とする積極的な行動支援(Schoolwide Positive Behavioral Intervention and Support:SWPBIS)の現在」の企画内容、執筆者の確認がなされた。また、第42巻1号、2号の特集企画について意見交換が行われた。
3.研究大会発表申し込み原稿の倫理審査について
研究大会発表に関する倫理チェックリスト(案)が提案され、実施することが確認された。
4.書評、書籍紹介について
書評、書籍紹介について、今後、投稿規程の見直しも含め、取り扱いを検討していくことが確認された。
5.その他
優秀論文賞の選定の進め方について
優秀論文の選定の一次審査、二次審査の進め方について確認された。






(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))


2018年度 第5回 常任編集委員会
日 時 2018年11月29日(木)
常任編集委員 小澤 温、石田祥代、泉真由子、大石幸二、大伴 潔、神尾陽子、木下大生、小島道生、小林潤一郎、志賀利一、名古屋恒彦、野口和人、若林 功、渡邉貴裕、渡邉雅俊
事務局 岡本明博、菅野和恵 各編集幹事、小島事務局員

T.協議事項
メール審議により、採択論文3編の審査状況が報告され、採択論文が確認された。



2018年度 第6回 常任編集委員会
日 時 2019年1月12日(土) 10:30〜12:30
出席者 小澤 温、大石幸二、大伴 潔、木下大生、小島道生、名古屋恒彦、野口和人、若林 功、渡邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員
委 任 泉真由子、石田祥代、神尾陽子、小林潤一郎、志賀利一 各常任編集委員
事務局 岡本明博、菅野和恵 各編集幹事、小島事務局員

T.報告事項
1.第40巻4号(2)について
第40巻4号(2)の特集の「生活者という視点からの発達支援―どんな生きづらさを抱え、どう生きるのか―」について、進捗状況が確認された。また、掲載論文が確認された。
2.第41巻1号 について
第41巻1号の特集の「インクルージョンにおける後期中等教育のあり方」について、進捗状況が確認された。また、掲載論文が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規投稿論文6編、採択4編、修正再審査8編、論文種別変更3編、査読中2編、不採択1編、取り下げ2編であることが報告された。
II.協議事項
1.採択論文、不採択論文について
採択論文4編、不採択論文1編の審査状況が報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第41巻2号の特集「強度行動障害者支援の到達点と今後の課題/最近の障害福祉サービスと取組から」及び、第41巻3号の特集「わが国における学校を舞台とする積極的な行動支援(Schoolwide Positive Behavioral Intervention and Support:SWPBIS)の現在」の企画内容、執筆予定者について確認された。
3.優秀論文賞・優秀発表賞の規定について
優秀論文賞・優秀発表賞の選考基準及び選考方法について確認された。
4.英文報告書作成、英文誌刊行について
IASSIDD世界大会に向けての英文報告書の内容について確認された。発達障害研究英文誌刊行に向けて引き続き検討し準備を進めていくことが確認された。
5.研究大会発表倫理規定について
研究大会発表に関する倫理チェックリストについて提案され、その取扱いについて確認された。
6.投稿マニュアルの改訂について
投稿マニュアルの改訂、投稿ジャンルについて、意見交換を行い、引き続き検討していくことが確認された。






(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))


2018年 理事・評議員会
日 時 2018年8月11日(土) 12:00〜12:50
場 所 福山市立大学 小講義室D
出席者 菅野 敦理事長、小澤 温副理事長、宮本信也副理事長、石川道子、石倉健二、伊藤 浩、井上雅彦、梅永雄二、岡村章司、荻野竜也、尾高邦生、海津亜希子、加戸陽子、神尾陽子、京林由季子、口分田政夫、郷間英世、腰川一恵、小谷裕実、佐藤克敏、眞城知己、島田博祐、末光茂、田実 潔、立松英子、田中敦士、爲川雄二、西山堅太郎、野口和人、真鍋 健、吉利宗久、渡邉貴裕、渡邉雅俊
委 任 57名
事務局 霜田浩信事務局長,小島道生事務局長

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会実行委員長挨拶(西山堅太郎第53回大会実行委員長)
II.報告事項
1.機関誌発刊状況(小澤 温編集委員長)
2.第54回研究大会準備状況(田実 潔次期大会実行委員長)
日程:平成31年8月24日(土)〜25日(日)
会場:北星学園大学(北海道札幌市)
3.その他
・IASSIDDヨーロッパ地区大会(ギリシア・アテネ)の報告について(末光理事)
III.協議事項
1.2017年事業報告、2017年会計報告、2017年監査報告について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
(参考)2018年事業計画、2018年会計予算について
昨年度、理事会で承認されたが年度くくりへの変更に伴い、資料に基づき霜田事務局長より再度参考として報告された。
2.第55回研究大会について
菅野理事長より第55回研究大会について、実行委員長、場所が報告された。
実行委員長:小澤 温先生
場所:筑波大学(茨城県つくば市)



2018年 定期総会
日 時 2018年8月11日(土) 12:50〜13:30
場 所 福山市立大学 大講義室

T.挨拶
1.開会挨拶(菅野 敦理事長)
2.大会実行委員長挨拶(西山堅太郎第53回大会実行委員長)
II.報告事項
1.機関誌発刊状況(小澤 温編集委員長)
2.第54回研究大会準備状況(田実 潔次期大会実行委員長)
日程:平成31年8月24日(土)〜25日(日)
会場:北星学園大学(北海道札幌市)
3.その他
・IASSIDDヨーロッパ地区大会(ギリシア・アテネ)の報告について(末光理事)
III.協議事項
1.2017年事業報告、2017年会計報告、2017年監査報告について
資料に基づき、霜田事務局長より説明があり、協議の結果、原案通り了承された。
(参考)2018年事業計画、2018年会計予算について
昨年度、理事会で承認されたが年度くくりへの変更に伴い、資料に基づき霜田事務局長より再度参考として報告された。
2.第55回研究大会について
菅野理事長より第55回研究大会について、実行委員長、場所が報告された。
実行委員長:小澤 温先生
場所:筑波大学(茨城県つくば市)



2018年 第53回大会 編集委員会
日 時 2018年8月12日(日) 12:10〜13:00
場 所 福山市立大学 小講義室D
出席者 小澤 温編集委員長、神尾陽子、木下大生、小島道生、野口和人、渡邉貴裕、渡邉雅俊 各常任編集委員、伊藤 浩、大村美保、加戸陽子、京林由季子 雲井未歓、小谷裕実、霜田浩信、田実 潔、爲川雄二、林 隆、平澤紀子、藤原義博、山田剛史、吉利宗久 各編集委員、菅野 敦理事長
委 任 常任編集委員8名、編集委員38名
事務局 小島事務局員

I.報告事項
1.平成29〜30年編集関係事業報告
平成29〜30年の常任編集委員会開催日程および機関誌「発達障害研究」発刊内容、常任編集委員会事業内容が報告された。
2.投稿論文数と審査状況について
平成29年8月から平成30年7月までの投稿論文数51編、審査状況として、掲載16、採択4、査読中18、不採択4、取り下げ5であることが報告された。
3.優秀論文賞について
発達障害研究第39巻掲載論文のうち、木下大生氏(武蔵野大学)の『認知症の特性を有する知的障害者のケアの動向と課題に関する研究』、宮澤晃尚氏(静岡県立沼津特別支援学校)の『卒業後の生徒への合理的配慮提供に対する知的障害および知的障害と肢体不自由を併置した特別支援学校高等部教員の意識』の2編を受賞論文として選出したことが報告された。
II.協議事項
1.機関誌編集について
「特集」の企画内容等について確認された。常任編集委員、編集委員から「特集」の企画内容について提案が出され、次回常任編集委員会にて検討することとした。



2018年 第4回 常任編集委員会
日 時 2018年9月29日(土) 10:30〜12:30
出席者 小澤 温、石田祥代、大伴 潔、神尾陽子、木下大生、小島道生、野口和人、若林 功、渡邉雅俊 各常任編集委員
委 任 泉真由子、大石幸二、小林潤一郎、志賀利一、名古屋恒彦、渡邉貴裕 各常任編集委員
事務局 菅野和恵 編集幹事、小島、杉岡 各事務局員

I.報告事項
1.第40巻4号(1)について
第40号4号(1)の特集の「発達障害者支援における包括的かつ連携した多領域支援−医療・教育・福祉の垣根を超えるために−」について、進捗状況が確認された。また、第40巻4号(1)への掲載論文が確認された。
2.40巻4号(2)について
第40巻4号(2)の特集「53回大会特集号 生活者という視点からの発達支援−どんな生きづらさを抱え、どう生きるのか−」について、進捗状況が確認された。また、第40巻4号(2)への掲載論文が確認された。
3.投稿論文の査読状況について
投稿論文の査読状況について、新規論文8編、採択7編、修正採択1編、修正再審査8編、論文種別変更2編、査読中4編、不採択3編であることが報告された。
II.協議事項
1.採択論文・不採択論文
採択論文7編、不採択論文3編の審査状況が小澤編集委員長より報告され、採択論文、不採択論文が確認された。
2.特集について
第41巻1号の特集「インクルージョンにおける後期中等教育のあり方」の企画内容、執筆者の確認がなされた。第41巻2号(2019年8月末発刊)の特集企画について意見交換が行われた。
3.国際動向の著者について
第40巻4号(2)、第41巻1号の著者について、確認がなされた。
4.書評の取り扱いについて
書評について、今後、投稿規定の見直しも含めて、取り扱いを検討していくことが、確認された。
5.優秀論文賞・優秀発表賞について
優秀論文賞・優秀発表賞の規定案が提案された。意見交換を行い、引き続き検討していくことが確認された。
6.53回大会優秀発表賞について
53回大会の優秀発表賞投票結果について報告され、2篇の受賞発表について承認された。
7.英文誌刊行、英文冊子作成について
IASSIDD世界大会に向けて、英文報告書を作成することが提案され、承認された。
「発達障害研究」英文誌刊行に向けて、目的、刊行に向けてのスケジュール(案)、査読体制が提案された。意見交換を行い、引き続き検討していくことが確認された。






(41巻3号)    (41巻2号)    (41巻1号)    (40巻4号(2))    (40巻4号(1))